2009年04月13日

【重要】ウィルスセキュリティソフトで、外部デバイスの実行ファイル(ファイル名.exe)の類をウィルスとして誤認識する症状が確認されております。

ウィルスセキュリティソフトでは、外部デバイスの実行ファイル(ファイル名.exe)の類をウィルスとして誤認識する症状が確認されております。 該当製品:PHOTTY-SQ15-BK / PHOTTY-SQ15-PK / PHOTTY-SQ15-WH / DF24B / DF24W

上記該当製品をパソコンとUSB接続した際に、内蔵ソフトウェアをウィルスとして誤認識するセキュリティソフトがございます。
これは、プログラムを “USBポート” から実行したために発生したセキュリティソフト固有のエラーです。
セキュリティソフトの設定変更にて「内蔵ソフトウェアを除外項目に変更する」ことで問題は解決いたします。
 設定変更などに関するご質問は、セキュリティソフトの販売元にお問い合わせください。
尚、本製品の内蔵ソフトウェアはウィルス対策を講じておりますので、安心してご利用いただけます。


ご利用のお客様にはご心配ならびにお手数をおかけいたしまして誠に申し訳ございません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。