2009年03月02日

サインはDVI WindowsXP 64bit Edition

<利用PC環境> DELLのノートPC:PRECISION M6300 
OS:WindowsXP 64bit Edition 
その他:既にデュアル・ディスプレイで運用(ノートPCの外部出力)
出力モニタ:サブモニターは17インチのWUXGA 

□ 「サインはDVI」の初期設定とドライバーインストール

  → 結果、「未検証のアプリケーション」の警告は表示されましたが、インストールできました。

□ モニタの接続の可否

  → モニタは表示できました。

  → ただ、モニタの識別が、今まで使っていたNo.1、No.2のあとのNo.3とはならず、No.2になりました。
    設定がセカンダリモニタのためだと思います。今までのNo.2(外部モニタ)がNo.1に、ラップトップのディスプレイがNo.3に識別されました。
    本当はちゃんとNo.3モニターと識別してくれるといいのですが、使用上は問題なさそうです。

  → 表示解像度はちゃんと 1920×1200 で表示できました。

  → 画面のプロパティをみても、ちゃんと3台のモニターが認識されてます。

□ モニターの動作(表示)の安定性

  → 表示開始してすぐには、PCを再起動するとシャットダウン前のモニタの配列が再起動後に左右入れ替わったりしてましたが、何回かPC再起動後を繰り返すうちに安定してくれました。

  → CADは厳しいみたいです。2D-CADはカクカクしますが、何とか動きます。
     3D-CADはウインドーしか表示できません。(ビデオチップのパワー不足)

  → WORDやEXEL等の軽いアプリは使用に耐えうる動きはしますので、使えそうです。

  → トリプルモニター接続下でも、従来のラップトップのディスプレイ及びPCのDVI接続のモニターは今までどおり、アプリが正常に動きます。
     問題なく使えそうです。nVIDIAの拡張機能であるフルデスクトップのボタンもちゃんと3台のモニターでウィンドウを広げてくれるなど、機能しました。

とりあえず、表示できることが確認できましたので、あとは長期で使用してみないとわかりませんが、トリプルモニターの環境はとりあえず作れそうです。
posted by 海連 at 17:09| 【商品レビュー】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。